NHKのドキュメンタリー番組を見て

NHKのドキュメンタリー番組で、「田んぼの中のオアシスホテル」というタイトルのものがとても面白かったです。名前の通り新潟県内のとある田んぼの中に存在するホテルのお話しで、ホテルというよりかは昔ながらのゲームセンターにホテルも併設されているといった表現の方が正しい施設ですね。
一見するとつぶれたゲームセンターにしか見えないのですが、24時間営業し続けておりそこを訪れる人たちの人間模様が秀逸でした。このホテルを72時間カメラで録画し、彼らの生活を取材するという内容なのですね。介護疲れのストレス発散に深夜に訪れる男性、病院に行く前に暇を潰す男性、埼玉県からこのお店のレトロ自動販売機のためだけに訪れる男性、お昼にカップラーメンを買いに寄る女性。それぞれ十人十色の人間模様が描かれていてこんな暮らしをしている方もいるのだと何だか自分もその店の常連客のようにすら思えてしまうほどです。なんというか、私にとっては知らない場所で知らない生活であっても、それを当たり前のものとして暮らしている方々の生の声を聞くことで他人の暮らしをトレースするかのような非日常感がなんとも言えず面白いものでした。出来ればまた新たに取材をしてほしいものですね。

NHKのドキュメンタリー番組を見て